0877-85-5377

〒763-0033 香川県丸亀市中府町4-13-26
ロイヤルステージリアン1F

トップページ医院紹介当院の特徴診療案内交通案内

小児歯科

香川県丸亀市で小児歯科(歯医者)をお探しなら末森元歯科医院へ

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  小児歯科

お子様の歯は将来永久歯になっていく過程で非常に重要な役割を果たしています。最近のお子様のお口の中の傾向をみますと両極端に分けられます。

虫歯がたくさんある子とまったくない子。いろいろな要因が考えられると思いますがやはり親の歯に対する関心が現れているのではないでしょうか。

虫歯があるかないか、歯並びに噛み合わせがどうであるか、また虫歯を作らないために積極的にフッ素などを取り込んでいるかどうかこれらの事をトータル的に考えていかなくてはいけないと思います。

当院の小児歯科の取り組みについて

小児歯科治療について

大人でも嫌な歯の治療は、お子様にとっては大変嫌なことです。特に小さなお子様であれば尚のことです。当院ではお子様とのコミュニケーションを大事に考え、性格を理解し、慎重に治療を進めていくので、安心して治療を受けることが出来ます。

午前中の治療がおすすめ

お子様の治療は、比較的体調の良い午前中に来院されることをおすすめします。疲れて機嫌が悪くなる昼過ぎや夕方は避けた方がよいでしょう。

嘘はつかない

嘘をついて来院されないようにしてください。かえって嫌がる原因になることがあります。
逆に治療後に、たくさん褒めてあげてることで、次回来院いただく際も我慢してもらえるようになります。

ラフな服装で来院してください

お子様は治療を嫌がり、暴れたり、泣いたりすることがあります。治療中はTシャツなどラフな服装で受けてください。

リラックスさせましょう

待合室では、治療前にリラックスさせるため、本を読んで聴かせたりしてあげてください。

当院の小児歯科の取り組みについて

お子様の治療にあたっては、恐怖心がないように雰囲気作りからはじめ、その子の特徴にあわせて一人一人対応していきます。

時間や回数はかかるかもしれませんが、その子のできることから、治療の組み立てをしています。

例えば、椅子に座るところからはじめたり、道具に慣れてもらうことからはじめるお子様もいらっしゃいます。

成長段階の大切な時期だからこそ、歯医者へ行くことへの恐怖感や不安を出来るだけなくし、丁寧な治療を心がけると同時に信頼関係をつくれるよう努めています。

むし歯の予防方法

1.プラークコントロール

歯ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などを使用して噛み合わせの溝や歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間に付着したプラークを除去することが最も重要な事です。

2.フッ素やキシリトールの使用

フッ素は歯の表面を強くして歯を溶かす酸に対して抵抗力をつけます。また脱灰した歯の表層部分の再石灰化も促進させます。キシリトールはミュータンス菌の数を減少させて、歯を溶かす酸の生成を抑制する効果があります。

3.食生活

栄養のバランスのとれた規則正しい食生活を心がけることが大切です。砂糖を多く含む食品(おやつ類やジュースなど)は摂取回数やタイミングに気をつける必要があります。

4.定期検診

虫歯は放置しておくと、治ることはなく徐々に進行していきます。早期発見のため、また予防処置のために年2~3回は検診されることをお勧めします。

定期検診を受けましょう

定期的に検診を受ける、最初に受けた年齢が小さいほど虫歯になる確率が少ないというデータがあります。
13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて検診を始めた人はそれ以前で始めた人より、2倍くらいの虫歯が出来ています。
こうしてみると小さい時からの予防がいかに大切かということがわかると思います。

虫歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないですむようにする事が大切です。
ご家庭での歯磨き習慣などのケアはもちろんですが、半年に一度は歯科医院で歯科検診を受けられることをお勧めします。
そうすることによって痛む前に完治し、咀嚼力を確保できると同時に完治した乳歯が永久歯を正しい位置へと誘導してくれます。

PAGE TOP